This Category : はじめに

--.--.-- *--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.04.08 *Thu

ようこそ

光の本へ、ようこそ。

光の本」は、日本橋浜町にある工芸ギャラリー・ショップ
ヒナタノオト」の姉妹サイトです。
はじめましてのご挨拶として、光の本を始めた気持ちを
ここにお伝えしたいと思います。


日本橋浜町にヒナタノオトという場所を得て、昨年12月1日で満3年が過ぎました。
これは独立してからの仕事ですが、その前に所属していた会社の中に
ギャラリーショップを立ち上げたのが1988年ですから、
この仕事を始めて今年で20年以上の月日が経ったことになります。
(あらためて驚きます)

暮らしの中の美しいもの。
美しいものを作り出すひと。

自分がこういうことと関わるようになったきっかけは、
23歳のとき、俳句修業のために移り住んだ金沢で、
工芸を紹介する仕事と出会ったからでした。
その中で出会ったたくさんのひと、もの、ことの中で、
季刊「銀花」(文化出版局)を知ったことは、とりわけ大きなことでした。
そこには自分が知らなかった、そして知りたかった「文化」がぎゅっと詰まっていて、
バックナンバーも含めて、教科書のように繰り返し、繰り返し読んだのでした。

金沢から戻って新しく得た職場で開いたのが、
その季刊「銀花」と提携した「銀花ギャラリー」。
その後、冠をはずして続いてきたものが、現在の「galleryらふと」です。
そして、独立して開いた場が「ヒナタノオト」ですから、
私の仕事の原点には、今も季刊「銀花」が灯っているように思います。

季刊「銀花」は、この春で休刊となりました。
しかし、文章や写真で構成された書物、雑誌、本というものが、
さまざまな出会いのきっかけを作り、
大げさにいえば、人生をかたち作ってくれることを、
この雑誌が教えてくれたのだと思います。

ギャラリー・ショップの仕事や、工房からの風での仕事も、
根っこに抱いた気持ちは同じです。
そして、「読む」という場でも、小さなことであっても、
そのような仕事を進められたら。
そんな風に思ったのでした。

けれど私は出版社でもありませんし、編集者でもありません。
本そのものを作ることは難しく、想いだけがどうどう巡り。
そんなとき、そうだ、インターネットの力を借りて、
ささやかな本を作れないだろうか、そう思いました。
インクの文字ではなくて、光の文字で。
こうして、光の本は、芽を吹き出しました。

:::


ヒナタノオトを始めたとき、ロゴマークに本・ノートのイラストをデザインしました。
ギャラリーショップであることと同時に、
この場で文章とかかわっていきたいという思いです。
そして、ブログなどの軽妙な文章の場や、鮮度のある情報の場も楽しいけれど、
今一度、何度も読み返したくなる文章の場を作りたい、そう思いました。

時をかけて、人の暮らしに灯る工芸を紹介するように、
時をかけて、人の心に灯る文章を届けられたら。
これが「光の本」という場の希いの柱です。

:::

この構想を表に出したとき、これに響いてくださったのが、KLOPさんでした。
建築家の馬場英実さんとグラフィックデザイナーの菅いずみさんとの出会いがなければ、
光の本は、この「光の本」として、皆さんに開いていただくことはできなかったでしょう。

おふたりの力で、美しく誕生することができた光の本ですが、
中身は、これからゆっくりと育んでいきたいと思います。
工芸、ものづくりを通してのこと。
それにまつわる文化のこと。
知ること、そして考えること。
二週間ごとに、月5本の新しい原稿をお届けしたいと思います。

:::

光の本は、まず場所が出来上がったばかり。
進みながら、さまざまなことへと進めていきましょう。
この場に共感してくださったり、響いてくださる方々と、
新しいコンテンツを作ったり、新しいものを生み出したり、
広がりを生んでゆけたら、そう思います。

まずは、なにか感じていただけたら、お便りをお寄せください。
いただいたお便りの中で、皆さんと共有したい文章や情報がありましたら、
ご本人のお許しをいただいて、
「文箱」(ふばこ)という場に掲載させていただきます。
文箱はきっと、種の箱になるでしょう。
光の種が、どんな芽を吹いてくれるでしょうか。
それが、とっても楽しみなのです。

長い文章を最後まで読んでくださり、ありがとうございます。
「光の本」
ゆっくりと、何度もお読みいただるものでありますように。
読んでくださる方にとって、ささやかでも温度のある光となりますように。

                               稲垣早苗
スポンサーサイト
CATEGORY : はじめに

04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
Copyright © 光の本更新帖 All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: bee  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。