FC2ブログ
--.--.-- *--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.05.21 *Fri

光の本、ヒュッゲの夕べ

光が一筋、また一筋と集まって束となり、生まれた光の本。
ある日、夕暮れの部屋を照らすように、「光の本」を
綴り編み作るひとたちがヒナタノオトに集まりました。


集まったのは、
やがてうれしい中国茶・浅井恵子さん
倭の島のモノ語り・稲垣尚友さん
実生の仕事工芸編第1回に登場の木工家の垣本圭子さん
絵本の栞・水谷英与さん
ハマスホイの部屋へ・萬屋健司さん
デザイン・KLOP 馬場英実さん、菅いずみさん
そして、ある素敵な雑誌の編集長さんが飛び入り参加くださいました。

実はこの翌日、鹿島美術財団の美術論文の授賞式があり、
萬屋健司さんが受賞者として上京されたのでした。
そのお祝いも兼ねてのヒュッゲの夕べ。
ヒュッゲとは、これをお読みの方ならもうよくご存知でしょう、
デンマーク語で「和み」のような意味を持っています。

210510b


会話を楽しみながらいただくメニューは、
ヒナタノオト料理部&茶菓部による料理いろいろ、パン、チーズ、ワイン、
ヒナタノオトおすすめ甘酒横町のおいしいもの。
器、グラス、盛りつけも美しく。


210510c


はじめましてのごあいさつに始まり、
やがて「光の本」というひとつの「場所」(とも言えるでしょう)に
集まった人々の歩みや、今、心に灯していることが語られてゆきます。
たどってきた道は、誰ひとりとして同じではないけれど、
それぞれが道のりの中で感じてきたことは、
おそらくその日に集まったみなさんの誰もが、
どこかで自分に置きかえて共有できること、
もしくは、知りたかったことのように思えました。

210510d


また、途中、オランダ語、デンマーク語、中国語のミニミニ講座(?)も。
知に満たされ、けれど少しも堅苦しくない和みの時間。
誰かに言われたのではないけれど、飛び込まずにはいられない、
自分で生きる道を引き寄せている、
光の本編集長イナガキの言葉で言うところの、実生の人・実生の仕事たちの姿が、
キャンドルの灯りの中に浮かび上がってきました。


210510f


「絵本の栞」に登場の絵本を囲んで。
素敵な雰囲気です。
ここ迄読みました、というしるしではなくて、
絵本に挟んだ「栞」は、心に留まった大事なページのしるし。


210510g


鴨川産の夏みかんを絞って生地に混ぜた、ジューシーなケーキ。
そして、こんなに愛らしいマーガレット型!
デンマークの国旗と花蜜柑を立てて。


210510h


浅井恵子さんによる中国茶2種もいただきました。
中国茶は、香しく、すっきりとします。


ヒュッゲの夕べ、またたく間に時が過ぎ…
こんな風に集って顔を見ながらお話したことは、
なんだかあらためて、光の本の船出のような一夜でした。

光の本、これからも佳き頁が重ねられ、
頁をめくる方の心にあたたかな光が灯りますように。
それは、綴り手、作り手にとっても。
綴ることが、読むことが、光、であるように。
そんな想いをあらたにした夕べでした。

:::以上、ウサ村ミミ子さんの写真とレポートでした。
CATEGORY : 光の本

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
Copyright © 光の本更新帖 All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: bee  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。