--.--.-- *--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.12.19 *Sun

萬屋健司さんの「ハマスホイの部屋へ」

今回も健司さんと連れだって絵を見て歩いているような気持ちになる、
素敵な文章が届いています。

健司さんの文章、回を重なるごとに健司さんならではのタッチをつかまれて、
とっても独特な爽やかさを放ってきましたね。
私などにはとても書けないような、長い研究論文を何編も書かれている筆者ですが、
論文の文体から離れて、けれどただ軽妙なだけでもない文章を、
これからもぜひ読ませていただきたいと思っています。

健司さんの文章へのコメントをお会いした時によくいただくのですが、
もしよろしければ、メールでもぜひに!
健司さんにお伝えしましたら、とても励みになられると思います。

そう、筆者は誰でも、リアクションが一番の糧ですね。
私自身、リアクションするのは、つい躊躇してしまいますが、
リアクションをいただくことが、何よりうれしい!
という矛盾を持っていますが(笑)

今年の更新は23日が最終。
来年一回目には、「こぎん刺しの森」と、「器にひらく文様」
そして、短期集中連載をひとつ、予定しています。

どうぞお楽しみに!
CATEGORY : 未分類

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
Copyright © 光の本更新帖 All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: bee  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。